世界の大学・研究所 本文へジャンプ
 

トップページに戻る

北米の探訪大学・研究所へ

ツイートする


カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA)

University of California, Los Angeles
 

図の説明はこの上の文章です。

 

 

 

 

所在地

405 Hilgard Avenue, Los Angeles, CA 90095, USA

 

市町村

種類

共・女

学部

アメリカ

カリフォルニア

ロサンゼルス

州立4大

 

評価

有名度 9

レベル 超1

歴史 8

大都市 9

広さ 8

規模 9

観光情報 8 

訪問しやすさ

快適度 9

知的

食 7

オススメ総合点

 

全体像のまとめ

概要

以下、栄 陽子留学研究所からの引用 University of California -- Los Angeles 大学基本情報|アメリカ大学ランキング

―――――――――

1919年創立。カリフォルニア大学群の一つで、UCLAの略称で国際的に知られる有名大学。10校ある同大学群の中でバークレー校に次ぐ歴史を持ち、同校と並ぶトップレベルの水準を誇る。大規模研究大学で、約25,000人の学部学生のほか、数多くの大学院生、研究者が在籍する。キャンパスはロサンゼルス・ビバリーヒルズに近いウエストウッドに立地する。周りは治安の良い地域で、キャンパス内も整然として美しく、しばしばハリウッド映画の撮影に使われる。広大なキャンパスのため、新入生や留学生は慣れるまでには時間がかかりそうだ。

――――――――――

学生数(フルタイム):学部生 27,476人 大学院生 11,721人
教師・生徒の比率: 16:1

ノーベル賞受賞者:卒業生に6人、在籍教員に6人。
――――――――――
日本人留学生 ■人

サイト

大学のサイト(英語):http://www.ucla.edu/

ウィキペディアのサイト(日本語) 

キャンパス地図サイト(英語)

アクセス

ロサンゼルスは東京都のように広いので、場所によるとかなり遠い。ウェストウッドのホテルに滞在していたので、徒歩数分でいける。
バス路線がいくつかある。市バスのビッグブルーなら片道1ドル。UCLA行きは7路線ある| Super 12 * | 1* | 2* | 3* | 8* | 12* | 111* |

キャンパス

の観光目玉

Hammer Museum:キャンパス外。ウェストウッドにある現代美術館

キャンパスストア  

Ackerman B-Levelは 日:8:00p-5:00p、月ー金:9:00a-6:00p、土:12:00p-5:00p

食堂

学外者の利用可:学食の営業時間は調べてません

日本人:日本人留学生はたくさんいます。日本で活躍している卒業生もたくさんいます。日本の大学を卒業した日本人教授もソコソコいます。私の日本人の知人はここの生命科学教授、社会学教授です。

 

各 論

アクセス

晴れた平日の昼間訪問した。

ウェストウッドのホテルに滞在していたので、徒歩数分でいける。

ウェストウッドの街の風景。
図の説明はこの上の文章です。

図の説明はこの上の文章です。


図の説明はこの上の文章です。

車でUCLAに来た人はここで、どこの駐車場に車をとめるかを聞く。駐車料金は有料です。
図の説明はこの上の文章です。


キャンパス風景と人物 その1


とても広い。建物も庭も美しい。

一輪車で通学してくるUCLA大生。さすが〜、ロサンゼルス。
図の説明はこの上の文章です。

キックスクーターで通学してくるUCLA大生。さすが〜、ロサンゼルス。
図の説明はこの上の文章です。

UCLAスポーツチームのマスコットはブルーインズ(Bruins)と呼ばれる熊である。キャンパスに大きな熊がいる。

お転婆ちゃん、ハイ、ポーズ!


ガブッ!


 

キャンパス風景と人物 その2

キャンパス風景。建物は4〜10階建てできれい。


医学系の建物がたくさんあるが、一部は建築中。


キャンパス内に信号がある。


以前、ロサンゼルスのホテルに宿泊したとき、ホテルのお兄さんに「アメリカはスリムな人が多いね」と言うと、「ここは都会だからね。田舎行くと、デブばっかり」と答えた。UCLAにはスリムな人が多い。


例に出して申し訳ないが、田舎のサウスダコタ州の人々は、以下が標準体型です(……少し誇張あり)。どうです、立派でしょう。



前回来たとき建築中だったロナルド・レーガン医学センターは完成していた。巨大である。

ロナルド・レーガン医学センターを別角度から見る。


医学系の神経科学遺伝研究センター(The Gonda (Goldschmied) Neuroscience and Genetics Research Center)の建物も大きい。手前を歩く女子学生と比べるとその大きさがよくわかる。


UCLAの建物はシャレている。というか、米国、豪州、欧州の多くの大学は、建物がシャレている。一方、日本の大学の建物は、ダサい。特に国立大学、公立大学はヒドイ。建物を美しく作る発想がない。キャンパス全体のデザインがない。以下はUCLAの数学棟である。数学的なユニークな装飾が施してある。手前に人が歩いているので、結構大きいことがわかるだろう。


もちろん、芝生もあります。


芝生のカップル。



学生もたくさんいます。



都会の大学は、駐車場を探すのが大変なので、キャンパス内を歩いている人は多い。一度車を停めたらあとは歩くことになる。キャンパス内は歩きやすい。


キャンパス風景と人物:遊び・公園

キャンパス内で綱渡りの練習をするUCLA大生(多分)。





医学部キャンパスでスケボーの撮影会をしていた。
右から飛び出してきたところ。


着地、成功したかなあー。



失敗です。



 ●キャンパス風景と人物:寄付者
UCLAのキャンパスの一角に、寄付者の名前を刻んだものがある。日本では、個人の寄付を生かす制度を認めると、ある人たちの権力が減少するので、米国流の寄付を節税対策だとか売名行為だとか否定的にとらえる価値観を流布させていると言われている。寄付文化は育ってこない。




「世界人類が平和でありますように」という日本語の塔もある。いろいろな言語で書かれている。寄付額はいくらか知りません。




キャンパスストア
大学ストアの中心はアッカーマンである。場所的にもUCLAの中心にあり大学生協であり、モールであり、ショッピングセンターである。カフェテリア、書籍部、売店、床屋、銀行があり、UCLAの学生・教職員が必要な買い物を満たすところだ。お土産物屋やUCLAグッヅもあり観光客が必要な買い物も満たしてくれる。



UCLAにくるたびに、UCLAの本屋さん(アッカーマンの書籍部と健康科学部の書籍部)で、本を物色し、気に入った本を購入していた。購入する本が多いと荷物になるので、マー、3冊程度にし、残りはメモしたり、表紙の写真を撮ったりし、日本で購入する。


ところが、今回とても驚いた。書籍部のスペースが以前の3分の1になってしまった。3分の1は食品コーナーにかわった。もう1つの3分の1はナント、アディダス(adidas)のスポーツ用品(UCLA印)売り場になってしまった。それ以前にも、トレーナーなどスポーツ用品(UCLA印)売り場は、書籍部のスペースより少し小さいけど相当な面積を占有していた。それに書籍部部分の3分の1が加わったので、スポーツ用品(UCLA印)売り場が大学ストアの最大のスペースを占めていることになる。学生が本を読まないのは日本も米国も同じってことかいな。学問よりもスポーツや芸能を好むのは、日本も米国も同じってことかいな。なんてこった。



健康科学の本屋さんは以前きたことがあるが、わかりにくい。歩く場合、ル・コンテ(Le Conte)の入り口から健康科学系に入り、以下の歯学部棟のところで左折し、そのままドンドン直進すればよい。


10年前に比べ拡張も縮小もしていないが、書籍はさほど充実していない。本屋さんの前で衣服を売っていた。その前は中庭で、椅子とテーブルが置いてあり、食べたり、おしゃべりしたりの場所になっている。
図の説明はこの上の文章です。

 

 

関連キャンパス

カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) 2002年3月訪問

 

メモ

写真の削除希望 Photo deletion

写真の削除希望の場合、お手数ですが、本人とわかる別の写真を添えて haklak@haklak.com ご連絡ください。削除します。If you do not want to be displayed here, just send me the link with your photo to haklak@haklak.com and it will be deleted.

白楽ロックビル

2012/06 訪問

 

2012/08 掲載

トップページに戻る

北米の探訪大学・研究所へ

ツイートする