タンマサート大学:タイ バンコク  訪問時期 20093

タイ王国国旗お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科 生命科学 教授 

白楽ロックビル

 はじめに

タイ王国地図2009311(水)、タイKingdom of Thailandの首都・バンコクBangkokで、タンマサート大学、タイ語は○○(表記不可、英語でThammasat University、を訪問した。日本との時差は2時間あり、日本が12時だとタイは10時である。大韓航空のマイレッジを利用したので、ソウルによらなければならず、成田13:55発でソウル16:35着し、ソウル17:20発でバンコクに21:10到着した。11時間の旅だった。大学の公式サイト(英語)

 

タイとバンコクの概要は、同時期に探訪したチュラーロンコーン大学と同じなので、そちらをご覧下さい。

 

(地図の出典:外務省  http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/thailand/index.html  

はじめに... 1

タンマサート大学の全体像... 1

タンマサート大学の場所と地図... 2

タンマサート大学の正門... 6

タンマサート大学の裏門... 7

タンマサート大学の散策... 12

タンマサート大学の学部... 15

タンマサート大学のエンブレム(紋章... 15

タンマサート大学の学生... 17

おわりに... 20

 

タンマサート大学の全体像

タンマサート大学は、チュラーロンコーン大学に次ぐタイの名門大学でだが、チュラーロンコーン大学が総合大学であるのに対して、タンマサート大学は法政系の大学として出発した。とはいえ、1980年代以降、国内の経済発展のための理系の学部も設け、理系人材の育成も始めている。しかし、伝統的に法学部門はタイ国内の権威である。 

 

キャンパスは4か所ある。メイン・キャンパスは、バンコクの市内の中心地のプラナコーン(Phra Nakhon)区にあるタープラチャン(Tha Phrachan)・キャンパスである。

 

全学で、学部生・院生は31,876人である。内、修士生が2,545人で博士生が63人である。男女比は分からない。タープラチャン・キャンパスには学部生・院生47%に当たる14,830人がいる。

 

表.タンマサート大学の全体像

国公私立

国立

大学ランキング

QS World University Rankings 2009

バンコク3

タイ3

世界401500

所在地

首都の中心

古さ

1934年創立

学部生・院生

31,876

修士生

2,545

博士生

63

留学生

学期

前期20週 9月初旬〜1月下旬

後期19週 2月下旬〜7月初旬

学部

4年間

修士

2年間

博士号取得

平均?年間

兵役(男子)

なし

教員

1,505

教授

24

准教授

381

助教

407

講師

693

博士号所持者

 571人(38%)

研究支援員

1,141

事務職員

2,078

他の職員

1,101

教員の定年

70

(資料:「タンマサート大学Fact&;Figurehttp://www.tu.ac.th/default.tu/newtu/tu.eng/thammasat/factandfigure.html

 

タンマサート大学の場所と地図

タンマサート大学の場所と地図はタンマサート大学のウェブサイトから拝借したが、キャンパスは4か所ある。

 

バンコク(地図の出典:JAL Map http://di.jal.co.jp/jalmap/?cityCode=BKK )

 

心的なキャンパスであるタープラチャン(Tha Phrachan)・キャンパスに出かけた。バンコクはチャオプラヤー川が南北を横断しており、タンマサート大学はチャオプラヤー川のそばにある。バンコクの船は庶民の足である。

 

宿がBTSシーロム線の最終駅「サパーンタクシン駅」の近くだった。1番桟橋サトーン(Sathorn)は「サパーンタクシン駅」から徒歩1分にあり、当然、宿から歩いた。バンコク庶民が日常的に使うチャオプラヤエクスプレスの「各駅停車」の普通便(旗無し)に乗り、9番桟橋Tha Changで下船した。料金は片道13バーツ(約40円)で時間は20分ほどだ。船は安いし、とても快適である。

 

9番桟橋Tha Changで下船し、地図を見、途中道を聞きながら(1人目は間違った道を教えてくれた)、川沿いの大通りを15分ほど北に歩くと裏門にぶつかった。なお、この裏門の周辺は、お店と屋台広場である。ここにも船着き場があるので、本当は、そこで下船すると裏門から20メートルの近さだが、乗った船はそこに止まらない船だった。名前はキャンパス名と同じプラチャン桟橋(Phrachan)である。裏門からさらに5分ほど歩くと正門がある。

 

乗船料金は片道13バーツ(約40円)を2人で2枚。キップを買う時のために番号と桟橋名を紙に書いておいた。

乗船すると、女性係員がキップを切りに来た。

タンマサート大学の地図である。よくできた地図なので訪問されるならウェブサイトをご覧になるといい。

 

 

 

http://www.tu.ac.th/default.tu/newtu/tu.eng/thaprachan/images/2.jpg

タンマサート大学・タープラチャン・キャンパス。左下が裏門。右真中が正門

(出典:地図 http://www.tu.ac.th/default.tu/newtu/tu.eng/thaprachan/index.html

 

タンマサート大学の正門

タンマサート大学の正門に守衛はいない。正門から歩いて出入りする人は少ない。正門の正面は広大なSanam Luang広場である。周辺にお店や屋台がない。動画も見てみよう。

 

 

タンマサート大学の裏門

タンマサート大学の裏門。この門から出入りする学生は多かった。入口に大学名が大きく書かれた看板が見当たらない。気がつかないで通り過ぎそう。動画も見てみよう。

 

タンマサート大学裏門から左側道路の向こう側を見る

タンマサート大学裏門から左側道路の大学側を見る

タンマサート大学裏門から正面を見る。普通の庶民の街。

タンマサート大学裏門から右側を見る。食べ物屋台や雑貨を売るお店が多い。

タンマサート大学裏門から右側のショッピング街(?)を入ると、食べ物屋台がある。

 

タンマサート大学の散策

タンマサート大学のキャンパス内をぶらぶら歩く。法学部門ではタイ国内の権威だけあって、正門からすぐは、立派な法学部棟である。

タンマサート大学のキャンパスはきれい。芝生は広い。芝生周辺は自動車の駐車場。

タンマサート大学。一階はオープンスペースで風が吹き抜ける。部屋は2階以上にある。暑いため? 水害防止のため? 

大学の掲示板は、どの国もだいたい似ている。

 

大学の本屋さんとあるが、1階がオープンエアの雑誌スタンドだ。2階に入らなかったが、カフェらしい。

 

 

タンマサート大学の学部

タンマサート大学には17学部(FACULTIES)+5センター( COLLEGES / INSTITUTES)がある。赤色はバイオ系を含む学部である。

 

学部構成の特徴は、リストを見てて、「ふ〜ん」と思う程度だが、法学部があるのに政治科学部や社会行政学部があり、さすが法政学のメッカだけある。ジャーナリズム・マスミュニケーション学部も独立していて、なるほどである。

 

タンマサート大学の17学部(FACULTIES

1.  応用健康科学部 Allied Health Sciences

2.  建築計画学部 Architecture and Planning

3.  商学・会計学部 Commerce and Accountancy

4.  歯学部 Dentistry

5.  経済学部 Economics

6.  工学部 Engineering

7.  美術工芸学部 Fine and Applied Arts

8.  ジャーナリズム・マスミュニケーション学部 Journalism and Mass Communication

9.  法学部 Law

10.  教養学部 Liberal Arts

11.  医学部 Medicine

12.  看護学部 Nursing

13.  政治科学部 Political Science

14.  公共健康学部 Public Health

15.  科学技術学部 Science and Technology

16.  社会行政学部 Social Administration

17.  社会学・人類学部 Sociology and Anthropology

 

タンマサート大学の5センター( COLLEGES / INSTITUTES

1.  学際学部 College of Interdisciplinary Studies

2.  革新教育学部 College of Innovative Education

3.  語学研究所 Language Institute

4.  Pridi Banomyong国際学部 Pridi Banomyong International College

5.  Sirindhorn国際技術研究所 Sirindhorn International Institute of Technology

 

タンマサート大学のエンブレム(紋章

タンマサート大学のエンブレム(紋章)は下記のようだ。

http://www.tu.ac.th/default.tu/newtu/tu.eng/thammasat/admin/22.jpg

http://www.tu.ac.th/default.tu/newtu/tu.eng/thammasat/emblem.html

 

その意味は、「It implies that the university is committed to nurturing its students with Buddhist doctrine. The Constitution Tray signifies the university's philosophy to uphold the country's constitution and democracy.」とある。

 

建物の正面上部にエンブレムがある。

 

タンマサート大学の学生

タンマサート大学の学生の顔立ちは日本人と似ている。男子学生も女子学生もTシャツと、パンツあるいはハーフパンツが多い。女子学生のスカートも多い。自転車に乗っている学生はいない。バックパックは余りいない。

なんのサークルだか知らないが、コンクリートの床に段ボールを敷いて、車座でミーティング。

 

なんの会合だか知らないが、立ってミーティング。

 

男女が手をつなぐ。うん、開放的だ。日本にはみかけない?

 

木陰で勉強する女子学生。どの国の大学でもみかけるが、日本にはみかけない。

 

 

 

おわりに

バンコクはドンドン発展している。タンマサート大学は、街中にあるきれいな大学だった。

 

「タンマサート大学:バンコク」はここでおしまい。貴女も留学してみます?